これからの生活に不安を覚えるなら生活保護申請代行を利用しよう

生活保護申請代行の利用について

手と家の模型

働くことが難しくなってしまい、生活費に困っているなどの事情がある場合、国や自治体による公的扶助制度を利用することができます。手続きのために住所地を担当する福祉事務所に事前に相談する必要があります。しかし、相談しに行ったものの、生活保護の申請を受け付けてもらえなかったという話を聞くことがあります。そういった場合には生活保護申請代行の利用がオススメです。

生活保護の申請をした結果、審査によって断られたのではなく申請自体をさせてもらえないというケースがほとんどになりますが、あきらめないで生活保護申請代行を利用することにより、福祉事務所で断れてしまった場合でも、無事に生活保護をスタートすることができます。この生活保護申請代行を可能な人は、行政書士という方々で主に法的書類の作成に携わっている方々です。

生活保護申請代行をする行政書士に相談し、引き受けてもらうと生活保護についての書類一式を代理で作成してくれて、依頼者の市町村の福祉事務所に申請書類を送付します。これを受理することにより審査されて、生活保護が認定されれば無事にスタートという流れになります。行政書士への報酬は約5万円が相場とされ、生活が困窮している人にとっては決して安くない料金になりますが、生活保護の申請を諦めてしまった人は利用してみる価値はあります。

手と家の模型

生活保護申請代行の利用について

働くことが難しくなってしまい、生活費に困っているなどの事情がある場合、国や自治体による公的扶助制度を利用することができます。手続きのために住所地を担当する福祉事務所に事前に相談する必要があります…

read more
手の平の上に人形

何もわからなくても大丈夫!生活保護申請代行サービスについて

お金がなくて生活に困窮しているけれど、頼れる家族がいなくて絶望する瞬間、人は死を考えてしまいます。けれど、そんな最悪な人生の終わりを迎える前に、生活保護を申請してみませんか。生活保護は国が認めた…

read more
子供を抱っこする男性

生活保護申請代行は使ったほうがいいのか?

生活に本当にこまった、もうお金がなくてどうしようもないが、働くことができないというときは、路頭に迷う前に、まずは国の制度である生活保護を申請して利用することをおすすめします。その際におすすめなの…

read more
頭を抱える

生活保護申請代行は弁護士や行政書士に相談してみよう

生活保護は基本的には受給したい本人が自身で申請することが可能です。でも自分一人で申請することに不安がある場合には、代理人を立てて申請する方法もあります。実際に窓口で一度自分で申請してみたけれど、…

read more