これからの生活に不安を覚えるなら生活保護申請代行を利用しよう

生活保護申請代行とは何か?その後の手続きは?

老人に説明をする

現在病気を抱えていて働くこともできず、頼れる身寄りもいない。しかし、長年引きこもってしまい市役所に出るのもつらい。そんな時に活用したいのが生活保護申請代行です。必ず生活保護受給の申請が通るかどうかは、役所が決めるのでわからないですが、生活保護代行業者を利用すると、生活保護に関する手続きをすべて引き受けてくれます。現在、生活保護代行業者の需要は大きくなっています。

・生活保護申請代行とは?
生活保護申請代行を行う業者の業務のことです。民間や法人の代行業者などがあります。民間の代行業者の場合、代行手数料は大体1~5万円程度になります。法人の場合、手数料が無料のところが多いです。しかし、生活保護申請代行業者の中には、生活保護支給額の大半を納めさせた残りを申請者に渡すところもあるので注意が必要です。生活保護申請代行業者に申請をした後、申請に必要な書類の作成と役所への提出を行ってくれます。

・申請代行の流れは?
まず、申請したい人が代行業者にメールや電話などで代行業者に生活保護申請代行をお願いします。次に、代行業者がメールや電話などで現在の家計など詳しい内容を聞き取り、生活保護受給の要件を満たせば、代行業者が役所に提出するための申請書を作成します。数日後に作成された申請書に申請者本人がサインをして、その申請書を代行業者が役所に提出して完了です。そして、生活保護の決定が役所から出たら、生活保護受給を開始できます。

生活保護申請代行で生き残りましょう

生活保護を受給することは、一昔前まではどこか後ろめたい内容になっていました。人の納める税金で何もしなくても食べていけるという、いかにも外聞が悪いという具合です。しかしながら、働きたくても働くことかできない場合には生き抜くためには仕方がないので、この制度を利用することは問題ありません。こうしたイメージから、自ら手続きをせずに、生活保護申請代行を依頼する人が増えてきているように思われます。

生活保護申請代行は決して難しいことでも、恥ずかしいことでもありません。しかしながら、誰でもお願いできるわけでもありません。条件としては、現在のところ、働く事ができない事情を証明しなくてはなりません。それに加えて、一定の収入がある、あるいは相続などで財産がある、自動車を所有しているなどの状態にあると不適格として、受け付けてもらえません。

生活保護申請代行は、かなり高額でもよいならば弁護士に依頼すれば問題ありませんが、なかなか難しいようであれば、司法書士、行政書士と呼ばれる専門家に依頼すれば、市役所から取り寄せてくれる手続き書類や、代行手続きを依頼する委任状に署名、押印をして完了となります。身体が不自由で文字が書けないならば、事情を説明して代筆を別の方に依頼することもできます。難しいことでは、ありません。

生活に不安を感じたら生活保護申請代行の利用を

不景気で、仕事が全く見つからない。病気をして、社会に出るのが怖い。生活に困窮して生活費がままならない。現在の手持ち金額が10万円以下で、家族からの支援もままならない。そんなさまざまな事情からパートや年金だけの収入では難しく、通常の生活が難しくなってしまった場合に検討されるのが、生活保護申請代行です。経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が、健康で文化的な最低限度の生活を保障するのは、公的扶助制度として存在します。例え収入があっても、その金額が一か月に数万円程度の場合、生活保護が認められるケースもあります。

しかし、生活保護は、最後の手段とされています。家族からの援助が可能であったり、健康で働くことが可能な場合、手元に現金が10万円以上ある場合など、現在の生活状況によっては、生活保護申請が却下される可能性がありますのでご注意ください。生活保護を受けることに迷いを感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方こそ生活保護申請代行を使うべきです。

役所の窓口に行く勇気がなかったり、相談に行っても申請を受けていただけない場合もあります。しかし、生活保護の受給は決して恥ずかしいことではありません。そもそも、生活保護は憲法第25条で定められている国民の権利となります。昨今不正受給者が多く審査も厳しい状況です。今すぐに生活保護申請代行を依頼するなど、とにかく行動を起こして自立することが、安心して生活を送れる近道です。

安心して依頼できる生活保護申請代行業者の一つが【生活保護受給者向け住居支援センター】です。住居支援もしてくれるので、住む場所にも困っているという方には力強い味方となってくれることでしょう。

手と家の模型

生活保護申請代行の利用について

働くことが難しくなってしまい、生活費に困っているなどの事情がある場合、国や自治体による公的扶助制度を利用することができます。手続きのために住所地を担当する福祉事務所に事前に相談する必要があります…

read more
手の平の上に人形

何もわからなくても大丈夫!生活保護申請代行サービスについて

お金がなくて生活に困窮しているけれど、頼れる家族がいなくて絶望する瞬間、人は死を考えてしまいます。けれど、そんな最悪な人生の終わりを迎える前に、生活保護を申請してみませんか。生活保護は国が認めた…

read more
子供を抱っこする男性

生活保護申請代行は使ったほうがいいのか?

生活に本当にこまった、もうお金がなくてどうしようもないが、働くことができないというときは、路頭に迷う前に、まずは国の制度である生活保護を申請して利用することをおすすめします。その際におすすめなの…

read more
頭を抱える

生活保護申請代行は弁護士や行政書士に相談してみよう

生活保護は基本的には受給したい本人が自身で申請することが可能です。でも自分一人で申請することに不安がある場合には、代理人を立てて申請する方法もあります。実際に窓口で一度自分で申請してみたけれど、…

read more